FC2ブログ

Entries

ナイトビュー踊り子・概要

発端は正月。休憩時間に会社のPCでネット見てた時です。PCのググり履歴に「スーパービュー踊り子5号」というのがありました。順位と時期的に考えて丁度私が「年の瀬伊豆旅行2010」のSVO5運休で怒っていた時期に入力されています。
しかし…私は会社にはドール趣味も、この日に伊東に行く事も隠しています。恐らく柏在住のkwが家族を伊豆に連れて行くのに東京駅始発スーパービュー踊り子である5号を調べたモノと推測されましたが、不安なので一応それでググってみました。とりあえず私関連の記事は頭10ページ以内には表示されなかったので安心。偶然にも目撃された可能性はありません。
その時にちょっと面白そうなとある鉄道マニアのサイトを見てみましたら…コレが結構役立つ情報満載のサイトでした。なのでそのサイトは自宅PCにもお気に入り登録して、参考にしています。
で、このサイトの「スーパービュー踊り子」のページを見てみたら…『パノラマ区画は夜間に照明をつけないので、夜景がキレイに見える』という記述が。おお!考えてみれば道理!。
「暗い場所」から「明るい場所」は「よく見える」のですが、「明るい場所」から「暗い場所」は「見えません」。つまり、夜間走行中に、運転台が明るかったら操縦士は周囲の異常がよく見えません。そのために運転台は暗い必要がありますが、251系はその展望性のために運転台と客室の遮蔽が難しいです。そのために客室そのものも暗くしている模様。
ちなみに、軍事においては同様の理由から自己(自部隊)をより暗い方に置くよう腐心します。
大好きな251系のそんなメリットを聞かされては黙っていられません。早速夜間スーパービュー踊り子号乗車プランの立案にかかりました。そう、本旅のタイトルが「ナイトビュー踊り子」なのは、第一目的が
スーパービュー踊り子パノラマ席の夜景を見る
だからなのです。
日程に関しては、そもそもの大前提が『夜間(つまり遅い時間)帰宅になる』ので、翌日も休みであった方が色々と都合が良いです。1月の連休は10.11と15.16の2回のみ。そして10がお坊ちゃまと高尾山で、11がその休養日である以上、決行は14.15で決定。14日は退勤後に出発なので、行先は安くあがる箱根で決定。使用キップは何時もの「踊り子箱根フリーキップ」。ここまではスンナリ決まりました。

私のドール撮影旅行の懸念事といえば「財政」、ほぼ毎回付いて回る問題です。しかし、今回はリリィ・エコノミクス直後という事もあって問題になりませんでした。
しかし、1つの問題が片付けば次の問題が現れるのが私の人生。今回立ちはだかったのは「会社の故障者」。去年末に交通事故に遭って休職したbrの代わりに1/29の出勤を押し付けられました。今、ウチの会社人数がギリギリなので代休ナシ。更に続いて12日に我社最強ドジっ子it(45♂)が自爆転倒して入院。シフト管理のモホkmが「大佐ぁ~、15.16出勤してよ~」とか叫びました。冗談ぢゃナイっつ~のっ!少なくとも15は絶対出てやらネェ!
仕方無いので16の出勤は承諾。ドルショ潰れた…勿論代休ナシ。2日丸ごと潰されるのも腹立たしいので「kmよお!ならせめて14は半日早退させろやゴルァ~」というコトで手打ち。これによって往路は下り最終のスーパービュー踊り子11号に乗車できることになりました。
nightVIEW01.jpg
そして迎えた当日14日。会社を早退して、15時に東京駅10番線に。
スーパービュー踊り子11号は東京15:30発、熱海16:47着、終点伊豆急下田17:59着という列車です。出発の時点で既にホテル等のチェックイン時間を超えているので、乗車率は低いと思っていました。『上手くすれば編成独占かも…』なぁ~んて甘い事考えてましたが…
nightVIEW02.jpg
なんでこんなに沢山居るの?
ちなみに写っているのは少なめの集団です。編成の熱海寄りには団体客が2組は居ました。
あ…ぁ…編成独占の野望が…
nightVIEW03.jpg
でも、10号車は東京から熱海まで独占できました。
ただ、既に陽が陰って、必要光量が得られなかったので車内ドール撮影はナシ。
nightVIEW04.jpg
nightVIEW05.jpg
いつもは明るい朝のSVOに乗るので気付きませんでしたが、パノラマ区画は確かに暗いです。明日の復路が楽しみ~っ。
nightVIEW06.jpg
nightVIEW07.jpg
いつもは新宿発のSVOなので、パノラマ区画から眺める東京駅周辺は新鮮です。
nightVIEW08.jpg
下りスーパービュー踊り子は品川には5号1本しか停車しません。他は通過、当然11号も通過。日常使用駅を無視して通過してやるって気分爽快~っ!
nightVIEW09.jpg
キーライトとパスケースを買うべく張り切ってましたが…キーライト売り切れだって………。パスケースだけ購入。これでとりあえず欲しい数揃ったので、コレは開封しました。定期券入れて実用してます。
nightVIEW10.jpg
パノラマ区画から眺める夕焼けもイイもんです。
残念ながら熱海までの時間では真っ暗になりそうになかったので小田原で下車。
小田原のスーパーで滞在中の飲み物と、吉野家で夕食の牛丼を買ったらいよいよ小涌谷に向います。まだギリちょん景色が楽しめるので、箱根登山電車で行きたいけれど…踊り子箱根フリーキップって伊豆箱根バスに乗れるんですよね…タダで済むトコに金出せるほど裕福では無いので、バスで小涌谷へ。
バスは嫌いなのでボケーッと乗っていましたが、大平台越えた辺りで…
nightVIEW11.jpg
雪!?
雪が積もってます。とはいえ、古い物らしくて車道や歩道のは完全に溶けていて、残っているのは人が歩かない部分だけ。残り方が中途半端なので雪景色撮影はできそうにありません。
この後は真直ぐパンシオンにチェックインして、温泉にゆっくり入って、ゆっくり寝ました。
翌朝、朝風呂と朝食を済ませたらいつもの定例室内撮影。
終ったら今日は10時にチェックアウト。
さて、復路SVO10号は熱海駅17:22発。つまり7時間後。日没の早いこの時期にドール撮影だけで潰せる時間ではありません。
そして、その時間潰しこそが本旅の第二目標『日帰り温泉・天山湯治郷』です。
よって、本日は風や天候でドール撮影が邪魔されても痛くも痒くもありません。その分天山の滞在時間を延ばせば良いだけですから。だから今日は
風?吹けばぁ~(野原しんのすけ調で)
雨?降ればぁ~(野原しんのすけ調で)

と天候を完璧に小バカにしておりました。
…だけどね、こういう時に限って撮影可能な天気になるんですよねぇ~。
nightVIEW12.jpg
とはいえ、当初予定していた堂ヶ島渓谷遊歩道は多分雪で使えないでしょう。私も残雪に踏み込める程の装備では来ていないので。
そこで、撮影地を変更。強羅に行きました。案の定強羅公園は雪が完全に溶けていましたし、雪が降る程の気温のため来園客は12月の時よりも少なく、ドール撮影は極めてスムースに進行しました。
nightVIEW13.jpg
が、それでも11:20頃に風の調子が変化。園内の木が唸るような音を立て始め、様子を見るも好転が望めないので撮影終了。強羅から箱根湯本に下山します。そして今回は箱根登山電車に乗車。景色とスイッチパックを堪能しながら下山します。
箱根湯本駅前から出ている旅館・温泉施設共同運行の「施設巡りバス」に乗ってついに来ました!
nightVIEW14.jpg
天山湯治郷
ず~っとね、来てみたかったんですよぉ~。でもね宿泊で来ていると、初日は撮影があるし、後に温泉のあるホテルにチェックインするし、最終日は撮影済んだらとっとと帰った方が後が楽だし…。というわけで中々来る時間取れなかったのですが、今日みたくチェックアウト後に列車まで時間が空くなら好都合!ゆっくり暖かく時間を過ごせます。
入ってみた感じは…良い温泉でした。
ただ、二つ不満な点がありまして…。1つ目は「洞窟風呂が女風呂だけ」。この天山湯治郷の紹介写真といったらまず「洞窟風呂」なのですが、コレは女風呂だけの特権。洞窟風呂なんて楽しそうなのにぃ~っ、男女差別だ!。2つ目は「加温が急過ぎ」。源泉温度がそんなに高く無いのか、寒さで湯の温度が下がったら加温しているようなのですが、その加温が急過ぎるのです。私はぬる湯が好きなので、ゆっくりうとうとしながら入っていると…突然熱湯が注がれて飛び起きるハメになります。他にも子連れ親子なんかも加温からは逃げてましたね。
それ以外は文句無しの良いお湯なので¥1200の価値は充分アリ。機会があったらまた行こう。
ゆっくり浸かって、座敷で一眠りしたら時間なので出発します。施設巡りバスに乗るために国道の乗場に行ったら…
nightVIEW15.jpg
敷地の入口にある看板。さすが峠道近くの温泉だね…。
箱根湯本に戻ったら、小田急線で小田原へ。バスならフリーキップでタダですが、バスのルートはやや遠回りだし、時間的に渋滞も考えられたので費用がかかっても時間の確実な鉄道で向います。
小田原で東海道線に乗り換えますが…
nightVIEW16.jpg
来たのはE233系3000番代ラッキー!
でも1号車の製造プレート見たら「平成22年」と…?。おかしーなーと思って熱海で降りて見てみたら…編成番号が「E02」!。えーっ増備したんだ!1編成だけじゃ無かったのね。
nightVIEW17.jpg
時間は17:20、い~い具合に空は真っ暗です。そしてソコにキタ~ァッ!
スーパービュー踊り子10号です!
定位置10号車1列D席に陣取り、三脚付けたカメラをスタンバイ!夜景撮影を開始します。
nightVIEW18.jpg
湯河原駅停車中
nightVIEW19.jpg
211系電車とすれ違い
nightVIEW20.jpg
根府川駅を通過。無人駅で灯火の少ない根府川駅だけど、こうして長時間シャッターで撮ると結構光あるんだね。
nightVIEW21.jpg
相模湾。案の定海は真っ暗で何も写りません。海の向うに見えるのは小田原市街。
nightVIEW22.jpg
nightVIEW23.jpg
nightVIEW24.jpg
やはり横浜付近から周囲の光が増えて賑やかになります。

いつもは日中の景色ばかり見ていることと、上り新宿行きのスーパービュー踊り子に乗ったのは初めてなので、色々と新鮮な驚きがありました。
安全のために踏み切りが遠くからでもよく見通せるように工夫されていたりとか。新宿発下りスーパービュー踊り子は横浜駅の直前で横須賀線から東海道線に切換えますが、上り新宿行きスーパービュー踊り子は戸塚手前でもう横須賀線に切り替えるとか。
見慣れているはずの251系前面展望ですが、非常に面白かったです。こういう「よく知っているつもりの物の新たな一面を発見する」ってとても面白いですよね。
楽しかったからクセになりそうだけど…帰宅時間がなぁ…親を誤魔化すのが難しい…。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pantsbuyer.blog91.fc2.com/tb.php/603-70ecc541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

pantsbuyer

Author:pantsbuyer
エロエロドールマニアで、
偏執的戦闘マニアで、
激ぬる鉄道マニアで、
数年サボリスキーヤー。
色々と救いようの無い物体デス。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード