FC2ブログ

Entries

さよなら「パンシオン箱根」

今日で箱根の定宿「パンシオン箱根」の一般宿泊が終了します。2008年10月に初めて行ってからの付き合いなので、9年半。10年に届かなかったかー。箱根という日本一の温泉観光地の立地にも関らず、天然温泉大浴場備えて、シングルルーム主体でソロツーリストに優しくて、1泊基本料金4000円、というアリエナイくらい素晴らしいホテルだったよなぁ。ちなみに1泊基本料金4000円、というのはパンシオン語る上でのミソ...

最終小涌谷/雪緒編5

ゆっっっくりホテルの温泉入って、寝て、翌朝、恒例のホテル室内撮影です。本日の雪緒は「男の娘」です。・・・でもあまり「男の娘の膨らみ」が目立たないなぁ・・・。ちなみに、ゆっくり寝過ぎて寝坊して、雪緒の撮影時間40分しかありませんでした。最後までドタバタする辺り、実に「雪緒との箱根旅行」らしいなぁ。...

最終小涌谷/雪緒編4

はい、次の目的地は2008年10月の初箱根の目的地「塔ヶ島城」。「マブラヴ・オルタネイティブ」の聖地「塔ヶ島城」。2008年といえば私にとってはまだまだドール撮影という行為自体が暗中模索だった頃。そして「日本最強の温泉観光地」と言われる箱根でドール撮影なんて出来る訳無いぢゃん!、と思っていた頃です。なので、初箱根は実はドール撮影成果を期待していませんでした。塔ヶ島城巡礼さえできればそれでいいと思っ...

最終小涌谷/雪緒編3

山中城の向かいにある「岱崎出丸」に来ましたよ。とはいえ、こっちは山中城ほど凝ってませんね。山中城と連携して街道封鎖するのが主任務だからなんでしょうかね。山中城が地形が険しい分、馬が置けないので、馬を置くことが主任務だったのかも知れません。だからと言うか、案の定と言うか、こちらが先に陥落したそうです。城址公園としては山中城の1/100しか面白くありませんが、反面ドール撮影用としては広々清清しい景色を...

最終小涌谷/雪緒編2

それではようやっと着きました「山中城」。小田原城を護る西の要として北条氏によって作られた支城。現在の地図を見ると国道1号線を塞ぐ中州の様に見えますが、城の西側の道は近代整備で、旧街道は城の東側です。地図で見るだけでも街道を城がモロに塞いでいます。そして城を迂回するように街道が曲がっています。その曲がった街道を山中城と岱崎出丸で挟み込んでいます。マップ見ただけでも楽しくなる完璧な「街道封鎖」城です。...

最終小涌谷/雪緒編1

最終小涌谷シリーズ、第3弾は雪緒。この雪緒編は現地に着くまでがえらく込み入って長いのに写真が無いので、本日の序章はダイジェスト写真付けながらお送りします。雪緒編のコンセプトは「開拓」。初箱根は2008年10月で、雪緒のお迎えは2013年3月。一見すると雪緒お迎え時点で箱根の開拓は済んでいると思われるかも知れません。確かに「表」の意味の方ではほぼ完了していたと言って差し支えないでしょう。しかしね、「...

最終小涌谷/ロザリー編ベストセレクション2

最終小涌谷/ロザリー編のベストセレクション(おっぱい編)です。画像クリックで「1600×1200」or「1200×1600」表示されます。...

最終小涌谷/ロザリー編ベストセレクション1

最終小涌谷/ロザリー編のベストセレクション(健全編)です。今回は豊作で絞り切れなかったので、「健全編」と「おっぱい編」の2回に分けます。画像クリックで「1600×1200」or「1200×1600」表示されます。...

最終小涌谷/ロザリー編8

それではラスト、切り札オープンバストノワールメイドプラス超素敵ぃっ!!。折角だからホテルと記念撮影。以前だったらこの時間はこの中庭丸見えの第二食堂にはベッドメイクさん達が待機してたんで、ノーマルなドール撮影はまだしも、エッチなのはさすがに・・・だったのですが今年に入ってからここで待機しなくなったので、こういうのも撮れました。この後はいつもどーり箱根登山電車で下山して11時から18時まで7時間、湯の...

最終小涌谷/ロザリー編7

一夜明けて、朝。それでは爽やかな朝日の元のおっぱい撮りしましょう。授乳手コキ風おっぱいと眼鏡スクール水着と眼鏡苺おぱんちゅと眼鏡...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

pantsbuyer

Author:pantsbuyer
エロエロドールマニアで、
偏執的戦闘マニアで、
激ぬる鉄道マニアで、
数年サボリスキーヤー。
色々と救いようの無い物体デス。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード